節(ふし)にもいろいろあります! 節紹介!

節コレクション

生節、死節、抜節、流節など

節にもいろいろなものが存在します!

そんな節たちと特徴をご紹介します!

 

生節(いきぶし)

生きている節です。

乾燥によって、中心から割れが入ります。

強度的には特に問題はありません(若干おちるという話もありますが)

節の部分を加工する際、節部分が固いので苦労する方も多いかと思います。

 

ちなみに、節があったほうが値段的には安いですが、生節ばかりの材料は珍しいため

この生節の材料ばかりを探すのは困難です。

それであればいっそ無節の材料の方が良いでしょう。

死節(しにぶし)

木の成長や手入れの過程で出来てしまうのが、この死節。

生き節とはちがい、節の周りが黒くなっており、周りと一体化していません。

ぐらついているものは押すと取れてしまう物もあります。

画像は下が生き節 上が 死に節です。

抜節(ぬけぶし)

死節が抜けてしまったものです。完全に穴が開いています。

番外編 埋木(うめき)

死節にあらかじめ他の枝を埋める埋木というものもあります。

周りの材料の色と違ってしまうので、ありすぎると目にうるさいです。

 

流節(ながれぶし)

見ていただけるとわかりますが、枝が伸びる方向に節が出ています。

これが流れ節です。柾目取りした材料に出やすいです。



関連記事

  1. 木は乾いてないと使えない!?木材の乾燥ついて

  2. 合板や積層材、CLTなど木で作られる建築材料は多種多様!

  3. 立っている木からどうやって木材になるの?

  4. 木を買うなら材木屋がよい!?ホームセンターとの違い。

  5. 木はどうやって手元にくるの?木材の流通について

  6. 木材の格付け!木材の等級について

当サイト 管理人

「木材・材木」のススメの管理人
あいはらの木の土橋善裕と申します。
木材アドバイザーの資格を持っています。

 

このウェブサイトは木材の流通をテーマにしたポータルサイトです。

 

日々の業務の中で
「木を買いたいけどホームセンターしかないの?」や「木のことを知りたいけど相談できる人が近くにいないか知りたい」「欲しい材料が自分の力で見つけられない」というご要望が多く、この問題を何とか解決できないかと、
「木を扱うプロの方」と「木を使いたい人」のマッチングを目的として開設しました。

 

「木を使った仕事がしたい!」「木を使って物が作りたい」「木を仕入れたい」そんなお客様から見つけてもらう為に、木材を取り扱う業者さんの無料掲載を募集しております。

掲載について詳しくはコチラをクリック!