木材としてのカバ(カバザクラ・マカバ)樺

特長

北海道や本州中部より北に分布している広葉樹です。

心材の色は赤~ピンク色、辺材は薄ピンク色で上品なイメージのある材料です。

木目と色合いがサクラと似ていることからカバザクラともよばれますが、サクラとは別種です。

材としては硬く、傷もつきにくいです。加工はしやすいので様々な用途に使われています。

家具材として

木目や色が美しい為、家具材として人気があります。

床材として

ナラと同じく耐摩耗性が高い為、土足用の床板や体育館の床材として使われます。

無垢材では珍しく床暖房が使用できる材料です。

関連記事

  1. 木材としてのベイヒバ

  2. 木材としてのアサダ(浅田)

  3. 木材としての唐松(カラマツ)・ラーチ

  4. 木材としてのトドマツ

  5. 木材としてのサワラ

  6. 木材としてのベイマツ(ピーラー)

当サイト 管理人

「木材・材木」のススメの管理人
あいはらの木の土橋善裕と申します。
木材アドバイザーの資格を持っています。

 

このウェブサイトは木材の流通をテーマにしたポータルサイトです。

 

日々の業務の中で
「木を買いたいけどホームセンターしかないの?」や「木のことを知りたいけど相談できる人が近くにいないか知りたい」「欲しい材料が自分の力で見つけられない」というご要望が多く、この問題を何とか解決できないかと、
「木を扱うプロの方」と「木を使いたい人」のマッチングを目的として開設しました。

 

「木を使った仕事がしたい!」「木を使って物が作りたい」「木を仕入れたい」そんなお客様から見つけてもらう為に、木材を取り扱う業者さんの無料掲載を募集しております。

掲載について詳しくはコチラをクリック!