木取りを上手くすれば安くなる!木材の長さの基準って?

長さにも既製の寸法があります

前回は、厚みと幅の既製品寸法をご紹介しましたが、

実は長さにも既製品の寸法があります。(銘木以外)

 

基本的には

・6m ・・・ 通し柱用として(今は昔ほど流通していません)

・4m ・・・ 土木用や構造材として

・3.65m ・・・構造材や羽柄材として

・3m ・・・ 柱などの構造材として

がメジャーです。なぜ、この長さが多いのかというと、

使う用途としてこの長さの物が多いというのと、山から出しやすいという事が挙げられます。

 

木を取ると書いて木取り

何かものを作りたかったり、建物を建てたかったりするときにまず図面を書きますよね。

その時に、既製品の長さを知っておくことで、木取りの段階で無駄な端材出さずに済ますことが出来ます。

例えば、2.5mの高さの物を作りたかったときに 4mの材料を加工すると1.5mも捨てなければいけませんが3mの材料を使うことで50cmのロスだけで済みます。

逆に、2.1mの物を作ろうとするときに、4mの材料があることを知っていると2mの寸法に設計変更することで材料を無駄なく使うことが出来たりします。

 

無駄な材料を極力出さないことが、お財布にも環境にも優しいことになりますよね。

 

 

 

関連記事

  1. 既製品以外の材料、「注文材」について

  2. 実は今も使われてます!木材の長さの単位 尺貫法について

  3. 木材にも「既製品」がある!?知ればコストダウンできるかも!?

  4. 聞いたことない単価!?リューベ単価について

当サイト 管理人

「木材・材木」のススメの管理人
あいはらの木の土橋善裕と申します。
木材アドバイザーの資格を持っています。

 

このウェブサイトは木材の流通をテーマにしたポータルサイトです。

 

日々の業務の中で
「木を買いたいけどホームセンターしかないの?」や「木のことを知りたいけど相談できる人が近くにいないか知りたい」「欲しい材料が自分の力で見つけられない」というご要望が多く、この問題を何とか解決できないかと、
「木を扱うプロの方」と「木を使いたい人」のマッチングを目的として開設しました。

 

「木を使った仕事がしたい!」「木を使って物が作りたい」「木を仕入れたい」そんなお客様から見つけてもらう為に、木材を取り扱う業者さんの無料掲載を募集しております。

掲載について詳しくはコチラをクリック!