木材に真っすぐきれいな穴を開けたい!① 穴を開ける工具

木材に穴を開ける工具

木材に穴を開けるための工具を紹介します。それぞれ用途と特性が違います。

手工具

・キリ

・手回しドリル(ハンドドリル)

・ノミ(ノミはホゾの項目で紹介します)

電動工具

・ドライバードリル(電動ドライバー)

・インパクトドライバー

・ボール盤

 

おおよそこのような工具で穴を開けます。

穴を開ける手工具の用途と特性

キリ

 

キリは基本的に釘やビスなどの下穴を開けるという用途で使われます。
下穴を開けずに木材の端にくぎを打ち付けると、高確率で材料が割れます。
キリでの下穴はそれを防いでくれるのです。

キリでメジャーなのは「三つ目ギリ」と「四つ目ギリ」という2種類で。
三つ目ギリは刃先が菱形になっている為、同じサイズの穴を開けるのに向いており、
四つ目ギリは刃先がとがっている為、釘などの下穴を開けるのに向いています。

キリで材料を貫通するときは、下にいらない材をを敷いて穴を開けないと、出た先が避けます。

手回しドリル(ハンドドリル)

 

手回しのハンドドリルは、精密な加工をするのに向いています。
個人的には、あまり使うことは無い工具ですね。
「ここに、このサイズの穴があけばいい」「電動工具はいらない」という方はいいのではないかと思います。
ですが、ドリルに関しては電動の工具をお勧めします。電動のほうが加工の精度は高いです。

穴を開けるための電動工具の用途と特性

ドライバードリル(電動ドライバー)

一番メジャーな電動工具がこちら、ドライバードリルです。
コード式、バッテリー式から選べます。性能もメーカーによって特徴があります。
基本的には先端のビットがドライバーやドリルなどと交換できます。インパクトドライバー用のビットも取り付け可能です。
クラッチ付きのタイプがおススメです。
安物を買うと回転速度が微妙だったりトルクがなかったりとあまりいいことがないので有名メーカー品をお勧めします。
上に紹介したものは実際に私が使っていますが、なかなか使い勝手が良いです。

インパクトドライバー

こちらは、ドリルドライバーの回転に打撃を加えた工具です。
こちらも先端のビットを交換できますが、先端の形状が違うためドリルドライバー用のビットは使うことができません。
パワーのあるインパクトドライバーであれば打撃と回転の力ですごい勢いで穴を開けていきます。
ハイパワーの物が多いですが、軽くて小さいローパワーのものも売っています。
ローパワーとはいえインパクトドライバーなので、ビスなどはメリメリ打てます。

ハイパワー
パワーがありすぎて素人のDIYには手に余る感じです。
プロの方にはオススメしたいですね。

ローパワー
実際に私が使っています。一番活躍しているかも。

ペン型
こちらはトリガーの引き具合の調整が出来ないため、個人的にはおススメしません。

ボール盤
リョービ(RYOBI) 卓上ボール盤 TB-1131K 木工24mm 鉄工13mm 4091131
小学校などで図工の時間に使ったことがあるでしょうか?
真っすぐに穴を開ける機械です。こちらも先端のビットを交換することで穴のサイズを変えたりできます。
他の手工具とは違い、材料の固定さえしっかりすれば確実に真っすぐに穴が開くことが特徴です。

関連記事

  1. 木材を真っすぐに切断したい!② 手ノコギリの使い方

  2. 木材に丸みをつけよう(面を取ろう)②やってみよう

  3. 木材を真っすぐに切断したい!①ノコギリの種類

  4. 木材に丸みをつけよう(面を取ろう)①道具紹介

  5. 木材のプレーナー 超仕上げ モルダー カンナ仕上げの特徴

  6. 木材の仕上げ方は様々!その種類と特徴を紹介します!

当サイト 管理人

「木材・材木」のススメの管理人
あいはらの木の土橋善裕と申します。
木材アドバイザーの資格を持っています。

 

このウェブサイトは木材の流通をテーマにしたポータルサイトです。

 

日々の業務の中で
「木を買いたいけどホームセンターしかないの?」や「木のことを知りたいけど相談できる人が近くにいないか知りたい」「欲しい材料が自分の力で見つけられない」というご要望が多く、この問題を何とか解決できないかと、
「木を扱うプロの方」と「木を使いたい人」のマッチングを目的として開設しました。

 

「木を使った仕事がしたい!」「木を使って物が作りたい」「木を仕入れたい」そんなお客様から見つけてもらう為に、木材を取り扱う業者さんの無料掲載を募集しております。

掲載について詳しくはコチラをクリック!